行政書士試験突破に最適な比較サイト

当サイトはこれから行政書士試験を受ける方に、様々な情報をお届けするサイトです。行政書士試験は毎年1回、11月に行われますが、試験の申し込みは早くに行われますので、期限内に申し込みする必要があります。希望される方は注意しておきましょう。

行政書士になるには行政書士試験に受かる必要がありますが、当サイトはそんな方のために様々な情報を届けしています。行政書士に受かるには行政書士試験を突破することが条件であり、そのためにはできるだけ多くの情報を取得する必要があります。

当サイトでは行政書士試験突破に必要な情報を多数提供していますので、試験が初めての方でも安心して受けることができます。これから試験を受ける方は、ぜひ参考にしてみてください。多くの情報を比較検討することで、自分にとって有益な情報を見つけることができます。

東京法経学院

POINT

学習経験者向けの講座がある
過去問を使って問題を解決してくれる
合格の体験記を参考にすることができる

専門的な試験を受けるときは、東京法経学院に相談をしましょう。行政書士の試験対策はメディア教材を使います。また、過去問を使って問題を解決することもあるので、集中力を保ちながら様々なサポートを受けてください。

講座に参加をすれば、独学では経験できないことも習得することができます。今後の出題傾向を把握して授業を進めていくので説得力があります。また、得点を上げるためのテクニックも教えているので実績があります。

サンプル映像を使って学習の様子を確かめることができます。また、過去の合格体験記を参考にしながら短期合格を目指すことができるので、数多くの受講者が授業を受けています。

アガルートアカデミー

POINT

驚異の合格実績を誇る講座を用意
初学者コースと中上級者コースがある
短答式だけや記述式だけの講座がある

法律系の国家資格は難易度が高く行政書士試験も例外ではありません。アガルートアカデミーにおいても合格講座が用意されていますが、全国平均の3倍から4倍近い驚異の合格率を誇る講座を用意してくれています。より合格が近くなるでしょう。

次の行政書士試験を受ける人には今回が初めての人もいれば過去に受験経験や勉強の経験がある人もいるでしょう。アガルートアカデミーにおいては初心者向けのコースの他、勉強経験がある人向けのコースが用意されています。

行政書士試験はマークシートによる短答式の出題と記述式の出題があります。どちらの対策も必要ですが、アガルートアカデミーでは担当式のみ、記述式のみの過去問解析講座があります。必要な講座のみの受講ならコストも抑えられるでしょう。

難関資格試験の通信講座ならアガルートアカデミー

伊藤塾

POINT

塾の生徒になる前からサポートを行っている
WEBを利用して講義を受けることが可能である
行政書士における実務のための講座を行っている

塾の生徒になる前からサポートを行うという点が伊藤塾の特徴の一つとなっています。行政書士の他にも司法試験などの講座があり、合格のためのボリュームなどが充実しています。分からないことや不安に感じていることがあっても、スタッフが一人ひとりの話を聞き、解決することができます。

通学することが難しいという人のためにWEBを利用して講義を受けることができるようになっています。通学受講を選んでいる人でもインターネットで講義を受けることが可能です。モチベーションを維持することができるように、人間関係を大切にしているという特徴も有します。

行政書士における実務のための講座を開いていて、続けて事業を行う技術などを身に付けることができます。業務のための知識を提供するだけではなく、実践するというスタイルも採用しています。

『行政書士』になるなら法律資格専門の受験指導校・伊藤塾!

オンスク.JP

POINT

月額固定料金で多岐選択式の練習が可能
大手資格学校の講義動画で学ぶことができる
月単位も一括払いでも選択することができる

人気のある法律系の国家資格に行政書士試験があり、開業だけでなくいろいろな目的で合格を目指す人がいるようです。オンスク.JPでは月額固定料金を支払うと、いつでもどこでも多岐選択式問題を解く練習が可能になります。

資格取得支援をしてくれる専門学校があり、大手学校なら実績なども十分あるでしょう。オンスク.JPの行政書士試験対策コースでは、大手資格学校の講義動画を見ながら学ぶことができます。倍速再生で効率的な勉強も可能です。

行政書士試験の合格は簡単ではなく、何となく興味を持つだけの人もいれば本格的に勉強したい人もいるでしょう。オンスク.JPでは初心者向けに月単位のコースが用意され、勉強プランが立てやすい一括支払いコースも選べます。

【オンスク.JP】

大栄教育システム

POINT

ウェブや通信講座を始め通学スタイルにも対応
40年以上の教育実績で習得した指導方法
充実した教材でステップアップを図る

オンデマンドの通信講座では予約して学習するため、自分の好きな時間で行政書士の学習ができる事がメリットです。通学スタイルのライブ講義もあり、決まった時間に通う事で学習のリズムが整い、試験に向けた管理もしやすい事が特徴です。

資格取得教育の経験を活用し、最適な授業内容を提供しています。生徒からの質問などを研究して説明力のアップを図り、誰にでも理解できる指導方法を目指しています。生徒が集中できるように、話し方や時間の配分にも気をつけている事が特徴です。

教材などのツールは過去問題の傾向を徹底的に分析し、難しいとされる行政書士の試験合格に繋がるように工夫されています。専用のラーニングシステムでは、ログインページから講義内容を繰り返し再生できる事がメリットで、質問のやりとりなども行えます。

生涯学習のユーキャン

POINT

オプションが充実しているのでやりがいがある
予想問題がセットになっている
集中講義があるので実力が身に付きやすい

高度な知識を習得するためには、通信教育を受けましょう。生涯学習のユーキャンは、行政書士を目指すための講座があります。試験対策をするために、集中講座も用意されているので、短期間で専門的な知識が身に付きます。

問題集のなかには、10年間の過去問や独学では学習できない部分を補うための教材もたくさんあります。また、オプションの数も充実しているので、自分自身に合った教材を選びながら学習を進めるようにしてください。

資格や検定試験のガイドもあります。ガイドには、法律に関しての知識がなくても資格が取得できるような仕組みになっているので、分かりやすいです。ガイドは、基礎から効率良く合格できるような内容になっています。

ユーキャンの全講座一覧

行政書士と相性のいい資格を知っておく

司法試験に合格して弁護士資格を持っていると、かなり色々な他の資格の業務も行えます。税理士や社会保険労務士など単独でも難関の国家試験と言われていますが、弁護士なら登録をすれば業務が行えます。実は税理士資格にも同じように持っていると登録ができる資格があり、それが行政書士資格になります。税理士業務と行政書士業務をどちらもしたい人は、どちらも勉強する必要はなく税理士の資格を目指すといいでしょう。弁護士や税理士、その他公認会計士などは超難関資格で上級の資格と言えます。いろいろ使い勝手がいいものの簡単には取得できません。一方で色々な資格を組み合わせて色々な仕事をしたいと考えている人がいるでしょう。相性のいい資格を複数持っていると、それぞれの資格を互いに生かした仕事ができるかもしれません。

法律資格として司法試験と司法書士、行政書士が良く知られています。その中なら取得しやすいのはマークシートの多い行政書士になるでしょう。既に別の国家資格を持っている人の中には行政書士資格をプラスすることで仕事の幅を広げられる可能性があるので挑戦してみると良いでしょう。難易度も近くて合わせ技がしやすいのが社会保険労務士かも知れません。この資格はかつては記述式もありましたが、現在はすべてマークシートの出題になっています。労働基準法など労働関係や社会保険関係の法令に関する勉強経験が必要で、新たに行政書士の法令の勉強もスムーズに入って行けるでしょう。企業の中には建築関係など申請頻度が多いところもあり、社労士にも行政書士にも依頼しているところもあるはずです。両方持っていればどちらの業務も引き受けられます。

その他に相性がいいのが宅地建物取引士でしょう。不動産会社においては事務所に必ず資格者が必要と言われていて、不動産会社に勤めていない銀行員なども取得しているケースがあるようです。不動産の取引や契約関係に精通している必要があるのでそれらに関する受験科目が設定されているので、民法分野は重なる部分もあるかもしれません。不動産会社を経営している人や、不動産の売買の仲介などをするときには行政関係の書類を作成して提出することもあるでしょう。行政書士の資格を自分で持っておけば別途行政書士に依頼をしなくても自分で手続きを行えるでしょう。宅建に関しても試験はマークシートになり勉強の仕方としては行政書士とあまり変わりません。ただし試験日が近いので、ダブル受験をするには少し大変な時もあるでしょう。