HOME > 行政書士の試験情報 > 行政書士の試験に合格をするには

行政書士の試験に合格をするには

 行政書士試験に合格をするためには、憲法や民法、行政法などの広い範囲の法律の知識を身につける必要があります。
特に、記述式の問題については正しい法律の解釈や文章力などが求められるため、早い時期から受験対策を始めることが大切です。
最近では、行政書士試験に関する市販のテキストや過去問題集などが続々と登場しており、仕事や家事、学業などの合間を縫って試験に出題されやすいポイントをしっかりと押さえることが可能です。
また、行政書士試験は数ある国家試験の中でも難易度が高く、合格までに数年以上の期間が掛かる人も少なくありません。
そのため、順調に試験勉強を進めるうえで、同じような立場の受験生と情報交換をしたり、試験対策に関するセミナーや勉強会などに参加をしたりして、自分なりの学習法を見つけることが重要です。

 行政書士試験にスムーズに合格をしたい場合には、独学では十分に対応しきれないところがあるため、必要に応じて合格実績が良い予備校に通学をすることがおすすめです。
大手の予備校においては初めて行政書士試験にチャレンジをする受講生を対象に、リーズナブルなコースを用意しているところや、インターネット上で学習上のサポートを行っているところが多くあります。
そこで、短期間のうちに集中して行政書士試験の対策を立てるにあたり、各地で評判が良い予備校のウェブサイトに目を通したり、実際に各予備校に通っている人の体験談をチェックしたりすると良いでしょう。
なお、時間があれば各地で学生や社会人をターゲットとした予備校の模擬授業に参加をして、自分に合うコースを選択することがポイントです。

 行政書士試験は、学歴や職歴などにかかわらず誰でも受験することができますが、合格点を取るために様々な分野の学習が必要となるため、一年以上にわたり学習計画を立てることが大切です。
特に、全く法律に関する知識がない人や、法律とは無縁の仕事をしている人については、他の人と比べて合格に時間が掛かります。
そのため、日ごろから資格試験に関する書籍や情報サイトなどを使って、受験対策のポイントについてきちんと押さえておくことが肝心です。
また、行政書士試験の出題範囲を全てカバーするためには、素人にとって対応が難しいことがあります。
そこで、なるべく費用を掛けずに行政書士試験に備えるために、多くの社会人から支持されている通信教材を利用したり、同年代の受験生と意見交換をしたりすることがおすすめです。