HOME > 行政書士の試験情報 > 行政書士試験に合格するための勉強の仕方

行政書士試験に合格するための勉強の仕方

 国家資格を持っているとまずはその資格を持っていないとできない仕事ができるようになるでしょう。
仕事には需要と供給があり需要に対して供給が追い付いていない分野においては、供給できる力があるならどんどん仕事を受けることができます。
資格がないとできない仕事だと誰もが急に始められないので、持っていればいつでも始められる分有利と言えそうです。
法律関係の資格はいくつかあり、その中の最高峰といえば司法試験かもしれません。
司法試験は法科大学院に進学するなど受験をするまでに時間がかかりますしそれなりの能力も必要になります。
その他には行政書士と呼ばれる法律資格があり、こちらなら受験資格もなく誰でもいつでも勉強が始めやすいでしょう。
もし行政書士の資格を取るとしたらどんな勉強方法を取ればよいかです。

 勉強を始める段階でこれまでどんな経験をしてきたかによって適した方法が異なります。
大学の法学部を卒業していたり法学部に在籍している人、何らかの国家資格や民間資格などの資格の受験経験があり合格経験がある人であれば独学で勉強しても合格できるかもしれません。
まず法学部への在籍経験のある人は既に法律の学び方を知っているので法律の解釈などに困らないでしょう。
法学部以外の文系出身者や理系の人だと法令などを読もうとしても理解するまでに時間がかかりますがそれがありません。
既に資格の取得経験のある人は勉強の仕方を知っているので自分でスケジューリングなどができるでしょう。
行政書士試験の合格は簡単ではないものの超難関とまでも行かない難易度です。
過去問対策など何が必要かを知っている人なら独学も可能と言えます。

 一方これまで法律を学んだ経験のない人、資格の受験経験や難関大学の試験などの経験がないなら資格の専門学校の利用を検討しましょう。
独学だと参考書などを利用しての勉強になりますが、法律の勉強経験がないとなかなか前に進めません。
専門学校では法律知識がない人向けの講座などもあり、非常に分かりやすく日常生活の例などを交えながら授業を進めてくれます。
ある程度法律に慣れてきたら徐々に授業のスピードを上げるなどしてくれるので、その講座についていければ合格も難しくないでしょう。
その他専門学校のメリットは勉強のペースメーカーになりやすい点も挙げられます。
資格の受験経験がない人はインプット期間とアウトプット期間の配分などが分からず勉強を進めがちですが、専門学校はうまく配分して合格可能にしてくれるでしょう。

次の記事へ